結露防止、断熱、基礎が、青木建設のこだわりです。

有限会社青木建設
お問い合わせ 0465-47-3321
資料請求 お問い合わせ

お客様のお宅拝見

  • トップページ
  • 青木建設のこだわり
  • 施工ギャラリー
  • 青木建設の家づくり
  • お客様のお宅拝見
  • 会社概要
  • 失敗しない資金計画
  • 社長あいさつ
  • 施工ギャラリー
  • 青木建設ブログ

  • イベント情報

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)

  • 失敗しない資金計画
  • 30%安く家が建つ秘密
  • 青木建設の地震対策は標準仕様
  • 有限会社青木建設のつくる家
  • 地元密着の住まいづくり
  • 家づくりの流れ
  • よくある質問
  • 安心のアフターサポート
  • 家づくり4つのお約束
  • 青木建設の造る家
  • お客様の夢を叶える自由設計
  • 夏涼しく・冬暖かい 外断熱の家
  • 自然素材の木の家
  • お客様のお宅拝見
  • 小田原市T様 「自然素材+外張り断熱の家が1,701万円で建ちました。」
  • 平塚市F様 「天竜杉をふんだんに使用した外張り断熱材の家が1,000万円台で建ちました。」
  • 電気工事業M氏 「多くの家を施工してきた私たちだからこそ、外張り断熱の本当の快適さが分かります。」
  • 会社概要

「自然素材+外張り断熱の家が1,701万円で建ちました。」小田原市Y様

子供が安心して暮らせる自然素材の家は絶対条件でした。

うちの子は、体が弱い方なので、家を建てる時に一番気を使ったのは建材でした。今では、シックハウス症候群の原因になるホルムアルデヒドなどは使わなくなってきているとは聞いていましたが、それでも化学的な素材を使用した建材では子供の体調が悪化しないだろうかと、心配していました。
子供たちのために、自然素材を使った家を建てたくて、健康住宅を看板にしている建築会社に行って見積りなどをもらいましたが、そういう家は一般の住宅よりも割高なんですね。
子供の健康はお金で買うことはできないとは分かっていても、やはり予算内で家を建ててくれる工務店はないかと、ネットや雑誌で探し続けて、見つけたのが青木建設さんでした。

私たちの子供たちも、この家に住み始めてから家の中を元気に走り回るようになりました。住む家によって家族の健康状態まで変わるなんて、本当に驚きですよね。

自然素材だけではなく、高気密・高断熱の外断熱まで実現しました。

青木社長と家のプランを相談している時に分かったのですが、青木建設さんは自然素材を使った家だけではなく、外張り断熱もお得意だったんですね。住む人の健康のためには、結露しないことが必要であり、そのためには家の中の温度と湿度を一定にする必要があることを教えていただきました。
最初は、断熱までは考えてもいなかったので、その点は青木社長におまかせしました。
青木建設さんの断熱技術を実感したのは、引っ越して初めての夏ですね。この家は、一度もエアコンを使わなくても快適に過ごすことができたんです。

もちろん、子供たちのために自然素材はふんだんに使っていただきました。
床は「パイン無垢材」、室内の壁は「エコペイント」、断熱材も「木製繊維を原料とした建材」を使用しています。外壁も室内の湿気を外に放出する「ECOモルタル」仕上げです。ただし、子供部屋の壁は、汚れが目立つということでエコペイントは使用しませんでした。その代わり、「コルク地の天然素材仕上げ」としていただいています。
いくら自然素材の家といっても、使用する建材は私たち素人では見当もつかないくらいたくさんの種類があります。その中から、青木社長は私たちの要望や予算を考えながら、最適な建材を選んでくれました。

家族の気配を感じる間取り

リビングを吹き抜けにして、キッチンの上を子供部屋にするのは、青木建設さんの標準間取りなのだそうです。
リビングを吹き抜けにするのは、風の通り道を作って、空調の役割をさせるためなのだそうですが、それ以上に子供部屋の窓から子供たちの気配を感じることができるからなのだそうです。
逆に、子供たちが自分たちの部屋で遊んでいても、下にいる私たちの気配を感じることができますから、安心するようですね。

私たちの家づくりは、自然素材を使うということが最初の条件だったのですが、青木社長と出会い、高気密・高断熱の家になりましたし、子供たちのことを考えた間取りの家も実現しました。もちろん、費用にも大満足です。
最初に考えていた以上の家に住むことができて、青木社長に心から感謝しています。

お客様のお宅拝見
お気軽にお問い合わせください! 資料請求お問い合わせは 0465-47-3321 またはメールフォームから
「青木建設の造る家|安心安全な生活を保障する青木建設のこだわり」ページの上に戻る▲