小田原市、湘南エリアで完全自由設計の家を建てる工務店|青木建設

有限会社青木建設
お問い合わせ 0465-47-3321
資料請求 お問い合わせ

最大80%揺れを抑える青木建設の家

  • トップページ
  • 青木建設のこだわり
  • 施工ギャラリー
  • 青木建設の家づくり
  • お客様のお宅拝見
  • 会社概要
  • 失敗しない資金計画
  • 社長あいさつ
  • 施工ギャラリー
  • 青木建設ブログ

  • イベント情報

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)

  • 失敗しない資金計画
  • 30%安く家が建つ秘密
  • 青木建設の地震対策は標準仕様
  • 有限会社青木建設のつくる家
  • 地元密着の住まいづくり
  • 家づくりの流れ
  • よくある質問
  • 安心のアフターサポート
  • 家づくり4つのお約束
  • 青木建設の造る家
  • お客様の夢を叶える自由設計
  • 夏涼しく・冬暖かい 外断熱の家
  • 自然素材の木の家
  • お客様のお宅拝見
  • 小田原市T様 「自然素材+外張り断熱の家が1,701万円で建ちました。」
  • 平塚市F様 「天竜杉をふんだんに使用した外張り断熱材の家が1,000万円台で建ちました。」
  • 電気工事業M氏 「多くの家を施工してきた私たちだからこそ、外張り断熱の本当の快適さが分かります。」
  • 会社概要

地震対策は標準仕様

標準仕様の地震対策4つのメリット

地震対策は標準仕様

兵庫県南部地震を何度も与えた実物大振動実験において、住宅の揺れを最大80%低減できることを確認しています。これは、青木建設の標準仕様で住宅をまるごとダンパーにしているからこそ為せる業です。

防災科学技術研究所・東京大学・清水建設の3者で共同開発

高層ビル向けに長期耐久性とエネルギー吸収性に優れた材料として開発された粘弾性体。これをビルの場合は、2枚の鋼板に挟んで制震装置にしますが、そのままでは強すぎて住宅用には不向きでした。この材料に注目した防災科学技術研究所・東京大学・清水建設の3者が、2000年に粘弾性体を両面テープ状に加工し、柱・梁と面材の間に挟み込むことで、大地震の損傷を極限まで抑えられる住宅用制震システムを開発しました。

110年後も十分な制震性能を維持します

直射日光が当たらないので、紫外線劣化の心配はありません。大気にほとんど晒されないので、酸化劣化の恐れもありません。問題は熱劣化ですが、促進実験により、110年間、粘着強度の変化率は-10%以内に留まることが確認されています。

伝達材は不要、吸収材だけなので合理的

一般的な制震装置は、「揺れを熱エネルギーとして吸収する素材(吸収材)」と「そこへ揺れを集める仕組み(伝達材)」の2つで成り立っています。しかし、青木建設の標準仕様は約1,000mの吸収材を住宅全体に分散配置するので、伝達材は不要になり、振動吸収のバランスも良く、大きな制震効果が期待できます。

青木建設の家が地震に強い理由

青木建設では、地震に強い家を建てるため、「制震テープ」を採用しています。柱・梁と面材の間に「制震テープ」を挟むことで、家をまるごと制震ダンパーにします。青木建設では標準仕様として、制震テープ処理を施しています。

なぜ制震テープで地震の揺れが抑えられるのか?

制震テープは、地震の揺れでズレる部位を狙って両面テープ状の粘弾性体を挟むという仕組みです。もともとは高層ビルの制震装置に用いられる粘弾性体を木造住宅用に加工したもので、110年以上の高い耐久性を有しています。右図のように、大地震時に柱・梁は平行四辺形に変形しますが、面材は長方形のまま抵抗するので、これらの間にズレが生じ、柱・梁と面材を固定している釘が曲がったり、折れたりします。このため住宅全体が緩み、地震の度に変位がドンドン大きくなっていきます。厚さ1mmの制震テープをこのズレる部位に挟むことにより、弾性体がグニュグニュ揉まれることで振動エネルギーを熱エネルギーに変換し、住宅の揺れを軽減させます。下のグラフにおように、制震テープ有りの場合は数度の大地震を受けても住宅の揺れはあまり大きくならず、繰り返しの地震に対する制震効果が確認されています。

更に詳しく知りたい方は動画をご覧下さい!

更に詳しく知りたい方は動画をご覧下さい!

お気軽にお問い合わせください! 資料請求お問い合わせは 0465-47-3321 またはメールフォームから
「青木建設のこだわり|お客様の夢を叶える自由設計」ページの上に戻る▲